40代のお父さん家事

夫婦共働きでお父さんもお母さんも忙しい時代。40代お父さんは働き盛り真っ只中!のんびりした休日にでもちょこっと家事しませんか?週末家事で家族を豊かに・幸せに!

小アジを中骨までまるごと食す!二度揚げレシピ

スポンサーリンク

もとです。

地どれのお魚はやっぱり美味しいですよね。

その中でも近海でとれた小アジは、価格もお手頃で美味しいので、見つけたらついつい買っちゃいます。

海鮮スーパーで見つけて早速ゲット!

1袋に12匹入っておりました。お魚いっぱいで料理したくてうずうずしてきます(笑)

小アジは塩焼きでも美味しいですけど、いっそのこと、まるごと唐揚げにして食べちゃいましょう。

 

まずは下処理を。はらわたを取り除きましょう。

ゼイゴ(尾の両側にあるトゲトゲ)も食べると口に残りやすいので、こちらも切って取り除きましょう。

余分なウロコも気になるようでしたら取り除きましょう。

魚が傷まないように・・手早く下処理しましょう。

こんな感じで、簡単に下処理を済ませました。

f:id:motohj:20180327095629j:plain

油跳ねを少しでも減らすように、キッチンペーパーでしっかりと水分をふき取りましょう。

しっかり水気を取った後は、片栗粉をまんべんなくしっかり付けていきます。

f:id:motohj:20180327095404j:plain

片栗粉を付けることによって、表面をカラっと仕上げることができますし、余分な水分を吸収して、油跳ねを減らすことができます。

やや低めの160度くらいに熱した油でじっくりと揚げていきます。温度計を見ながら火加減を調節しましょう。

f:id:motohj:20180327095439j:plain

ジュワーっといい音立てて揚がっていきます。

温度があまり低すぎると、べちゃっとなり魚をつかんだ時に崩れやすくなってしまいます。

温度はなるべくキープしましょう。

10分ほど揚げて表面がカリっと仕上がったら、一度バットの上で休ませます。

f:id:motohj:20180327095534j:plain

カラっとしておいしそうですね。

このままでも食べられますが、この時点では、まだ中骨までは硬くて食べられません。

この後、手でつかめるくらい冷めるまで休ませて、さらに揚げていきます。

同じく、油の温度を1回目よりもやや高め(180度くらい)にして、一気に揚げていきましょう。

中骨の中心付近に火が通り始めると、骨の水分が飛ばされるせいか、パチパチと小さな油跳ねが起こります。

全体が程よいきつね色になれば完成です。中骨から頭までまるごと食べられました(^^)

f:id:motohj:20180327100100j:plain

1回目よりもさらにカラっと揚がっています。

全体が焦げ茶色のように揚げすぎてしまうと、せんべいのようにバリバリとなって、美味しさよりも苦みのほうが引き立つ(笑)ので、極端な揚げすぎには注意ですね。

このあたりが二度揚げの難しいところです。

ある程度勘が頼りになるところもありますが、何度も挑戦してみましょう。

二度目は色の変化に注意しながら揚げていきましょう。

塩でシンプルに食べるもよし、ソースをかけて食べるもよし、素材の味をまるごと堪能しましょう。